鰹について【#かつお #暖海 #甲殻類 #カツオ節 #ナイアシン 】

2月
https://youtu.be/_R_z0wHsvZY

鰹(かつお)は、スズキ目・サバ科に属する魚の一種です。

暖海・外洋性の大型肉食魚で、1属1種(カツオ属 Katsuwonus)を構成します。

学名は Katsuwonus pelamis で、英語では skipjack tuna と呼ばれます。

鰹は全世界の熱帯・温帯海域に広く分布し、日本では太平洋側に多く、日本海側では稀です。

黒潮に沿って春に北上、秋に南下という季節的な回遊を行います。

食性は肉食性で、魚、甲殻類、頭足類などの小動物を幅広く捕食します。

鰹は日本の水産業において重要な位置を占める魚種の一つで、古くから食用にされてきました。

特にカツオ節は日本の食文化を生み出す基本的な調味料となりました。

また、刺身やたたきなど生食用の魚としても人気があります。

鰹は脂が乗っている時期は秋ですが、初夏に水揚げされる初鰹も珍重されます。

鰹は非常に良質なタンパク質が多く、中性脂肪を減少させるDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸も豊富です。

また、赤身には吸収のよい鉄分や肌を健康に保つナイアシンも多く含まれます。

この動画の作成には

CANVA

を使用しています

この文章の作成には

Copilot

を使用しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました